元生徒が浪人の末東大に二人合格しました(2)

元生徒が浪人の末、東大に二人合格しました。(浪人中、EPICKは英作文の添削やアドバイスを行いました。他県の予備校で浪人しています。)

文科3類合格 (元愛光生)

センター試験結果
英語(筆記) 198/200
リスニング 46/50
国語(現代文) 93/100
古文 43/50
漢文 50/50
数学IA 87/100
数学IIB 100/100
世界史B 97/100
日本史B 100/100
物理基礎 50/50
化学基礎 43/50

以下 浪人生活やアドバイスに関するプチ記事です。

現役時代は朝の6:00~22:00までびっちり勉強の予定を詰めていたのですが、数学で詰まったりして予定通りいかないことが多く、完璧主義の私にはそのことで精神的にダメージを受けることが多かったです。
それでも、浪人が決まった時、まず最初にしたことは、”これだけやれば受かるだろリスト”を作成しました。
それを実行するために、月単位、一日単位で設定し、計画通り行おうと思っていました。

現役時代は大きく目標を立てていたのですが、浪人中は、目標を細分化し、小さな成功をコツコツと積み上げていくことで、精神的にもかなり前向きになり、勉強がどんどん捗るようになりました。自分で目標を立てて見える化することでモチベーションUPにも繋がりました。EPICKの生徒にも、ぜひ自分で目標を立てて紙に書いて、それを机の前に貼っておいて、意識を高くしてほしいと思います!本当にオススメです!

英語の勉強に関しては、浪人生活が始まりまずは愛光で使っていたチャート(文法書)を一冊丸々見直し、基礎の徹底をしました。どの教材を使っても、EPICKで勉強した基礎を徹底した英文の読み方をとにかく忠実に行うことを意識しました。CNN(英語雑誌)も活用し、長文の勉強はもちろん、リスニングやシャドーイング、ディクテーションも行い東大のリスニング対策にも活用していました。CNNでは様々な社会問題を取り上げ、ちょっとしたコラムなどもあり、楽しく勉強できました。

リスニングに苦手意識があった私は、とにかく暇さえあればリスニングを意識的にするようにし、息抜きで音楽を聴く時も、好きなJ-POPを我慢し、洋楽を聞いていました。
夏休みにはセンター試験を10年分終わらせ、秋は赤本で対策をしました。
東大の英作文はEPICKの先生に添削して頂いて、それ以外は単語の復習、文法、毎日長文など、とにかく基礎を徹底しました。
英語と数学は毎日コツコツすることをみんなに勧めます。

単語や長文の復習など、地味な作業ですが、これをどれだけ直向きに頑張れるかで英語の伸びが変わります。
EPICKのみなさんも高い目標に向かって頑張って下さい。

関連記事

  1. 当塾の卒業生から英検1級合格者(一次)が出ました

  2. 卒業生インタビュー 九州大学共創学部 一回生

  3. 教え子インタビュー 東工大生

  4. 元生徒が浪人の末東大に二人合格しました(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

カレンダー

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アクセス

電話

体験授業